「時事水産情報」写真トピック

写真トピック

22年01月15日(土) 06:14
画像_6cvu2ill
千葉県銚子沖で漁獲されたイワシの加工品。しょうゆ味の銚子煮や梅煮、洋風のオイルサーディンなどさまざまな味付けを展開。1パック100グラムで希望小売価格は300円前後(15日、豊洲市場)
22年01月14日(金) 06:04
画像_6cvt4156
国産やタイ産のエソを原料にしたすり身。卸値は1パック500グラムで450円。すり身は健康志向が高まっている海外で需要が増加している(14日、豊洲市場)
22年01月13日(木) 05:55
画像_6cvs5bpd
解凍物のホタルイカ。兵庫県産で卸値はキロ1100円前後。既に今年の新漁物も少量入荷したという。例年、春以降に漁が本格化する(13日、豊洲市場)
22年01月12日(水) 05:48
画像_6cvr6qhg
北海道産のあん肝。アンコウの肝臓で「海のフォアグラ」とも呼ばれる。卸値はキロ12000円前後。蒸して成形し、ポン酢和えなどで食べられる(12日、豊洲市場)
22年01月11日(火) 06:42
画像_6cvq8j4s
和歌山県那智勝浦産のクロマグロ。競りの中心値はキロ4000~3000円。今の時期としては珍しく漁獲が増えているという(11日、豊洲市場)
22年01月08日(土) 10:46
画像_6cvne8th
北海道産マダラの雄。1匹6キロ強で卸値はキロ800円ほど(8日、豊洲市場)
22年01月07日(金) 06:07
画像_6cvmedg0
「寒ぶり宣言」が6日出された富山県氷見産のブリ。良好な脂乗りの重さ6キロ以上で証明書付き。卸値はキロ2500円前後(7日、豊洲市場)
22年01月06日(木) 06:42
画像_6cvlg0ah
北海道から入荷した鮮度良好なニシン。春を告げる魚とも言われているが、厳冬期のこの時期は「寒ニシン」と呼ばれ、品質評価は高い。仲卸の卸値はキロ800円前後(6日、豊洲市場)