「時事水産情報」写真トピック

写真トピック

20年05月26日(火) 06:25
画像_5qo4hott
国産クロマグロなど生鮮マグロ類の入荷が32本と今年最少。少ない上に新型コロナの緊急事態宣言が解除されたこともあって、買い気はやや強めだった(26日、豊洲市場)
20年05月25日(月) 06:23
画像_5qo3j86e
これから旬の夏を迎えるスズキ。京都府産で卸値はキロ700円(25日、豊洲市場)
20年05月23日(土) 06:41
画像_5qo1m8p5
静岡県産のウルメイワシ。卸値はキロ300円前後。干物に加工されることが多いため、鮮魚で出回るのは珍しいという(23日、豊洲市場)
20年05月22日(金) 06:15
画像_5qo0nlmv
長崎県産のオニカサゴが入荷。卸値はキロ1000円前後。とげが多く、背や尻のひれに毒を持ち、慣れていないとさばくのが難しいという(22日、豊洲市場)
20年05月21日(木) 06:08
画像_5qnvp4fi
長崎県産のマアジを使った干物。静岡県沼津市のメーカーが加工。卸値は1匹140円前後。新型コロナの影響で日持ちする商品の需要が増えているという(豊洲市場)
20年05月19日(火) 06:50
画像_5qnts7e2
一昨年に開場した豊洲で最大となる444キロの巨大クロマグロ。富山県氷見産の定置物で18日水揚げ。あまりの大きさに周囲に人だかりができていた(19日、豊洲市場)
20年05月18日(月) 05:58
画像_5qnstdst
熊本県大矢野産のブランドハモ「黄金のハモ」が今シーズン初入荷。新型コロナの影響もあって昨年より1週間以上、入荷が遅れ、競りではなく相対で取引された(18日、豊洲市場)
20年05月16日(土) 06:14
画像_5qnr0i6v
イカナゴの幼魚で東北の春を告げる魚で知られる青森県産のコウナゴ。宮城県で加工された天日干し製品で卸値はキロ4000円前後(豊洲市場)