「時事水産情報」写真トピック

写真トピック

21年09月25日(土) 07:23
画像_64e1qbu4
宮城県産のサンマが初入荷。1匹約120グラムの小ぶりが主体で卸値はキロ1000円前後と高め(25日、豊洲市場)
21年09月24日(金) 06:33
画像_64e0rij9
三陸や千葉から入荷が増えてきた巻き網キハダ。産地でロイン加工されたものが豊富に出回っている。ロインは色目や身質の目利きが容易なため、人気があるという(豊洲市場)
21年09月22日(水) 05:50
画像_64duu9bq
北海道の定置網で漁獲された天然ギンザケ。例年、アラスカなどからの回遊魚がごく少量見つかる程度の超希少魚だが、今年は夏から珍しく水揚げが多いという。2~3キロ物が主体で卸値は900円前後(22日、豊洲市場)
21年09月21日(火) 06:09
画像_64dtvuh5
茨城県霞ケ浦産のシラウオ。仲卸の価格は1パック500円ほど。生食のほか佃煮やかき揚げなどがお薦めという(21日、豊洲市場)
21年09月18日(土) 05:58
画像_64dr47ru
北海道網走産のニシン。卸値はキロ600円前後。産卵期前の秋~冬に身の脂乗りが良くなるという(18日、豊洲市場)
21年09月17日(金) 06:09
画像_64dq5s9j
宮城県塩釜港で水揚げされたブランドメバチ「ひがしもの」が初入荷。競り値はキロ3000円弱。はえ縄船で漁獲され、鮮度や色、脂乗りなどが特に優れた魚を選別(17日、豊洲市場)
21年09月16日(木) 06:32
画像_64dp7dv9
千葉県から入荷したウルメイワシ。東京湾漁獲物で鮮度、脂乗りとも良好という。刺し身に最適な大羽サイズで卸値はキロ400円前後(16日、豊洲市場)
21年09月14日(火) 06:05
画像_64dnaa6s
定置網で漁獲された京都・舞鶴産のシイラ。卸値はキロ400円。ブリやヒラマサに似た白身という(14日、豊洲市場)