「時事水産情報」写真トピック

写真トピック

21年10月11日(月) 06:13
画像_64gjqhjd
今月漁が始まった北海道厚岸特産のシシャモ。卸値はキロ5000円前後。現状、道内で発生した赤潮による被害は確認されていないという(豊洲市場)
21年10月09日(土) 05:57
画像_64ghtav7
北海道産のタラ白子。卸値はキロ5000円ほど。ポン酢あえや鍋のほか、天ぷらもお薦めという(9日、豊洲市場)
21年10月08日(金) 06:06
画像_64gguv5u
近年不漁のスルメイカ。例年、秋は北海道や青森県産が主体だが、10月に入り長崎県産の入荷が増加。卸値は1箱(5キロ)4000~3500円(8日、豊洲市場)
21年10月07日(木) 06:50
画像_64gg0iuk
フィレーの順調な入荷が続く北海道産アキサケ。道東の定置網などで発生した赤潮被害が心配されるが「今のところ入荷や相場に影響は出ていない」と卸会社(7日、豊洲市場)
21年10月05日(火) 06:18
画像_64ge3ele
スケソウダラの卵で明太子やタラコの原料となる生スケコ。北海道産で1箱(2キロ)2000~1500円(5日、豊洲市場)
21年10月04日(月) 06:01
画像_64gd4se5
北海道羅臼産の鮭児(けいじ)。精巣または卵巣が未成熟の若いサケで「全身がトロ」(市場業者)。産地で今シーズン最初に取引された1匹目(2.6キロ)で卸値はご祝儀相場のキロ20万円超え(4日、豊洲市場)
21年10月02日(土) 06:05
画像_64gb7rnf
むきカキの競り取引が今月からスタート。岩手県産を主体に、広島県や三重県から入荷している(2日、豊洲市場)
21年10月01日(金) 06:03
画像_64ga9avg
トロール船で漁獲された宮城県産のカマス。卸値は1200円程度。「脂乗りが別格」と卸担当者は太鼓判(1日、豊洲市場)