「時事水産情報」写真トピック

写真トピック

21年08月21日(土) 06:08
画像_64auk662
北海道えりも産のアキサケ。雄の卸値はキロ1000円前後(21日、豊洲市場)
21年08月20日(金) 06:22
画像_64atlmvr
北海道で水揚げされたサンマが例年よりも1カ月遅れで初入荷。卸売場には初物を祝うのぼり旗が並んだ(20日、豊洲市場)
21年08月19日(木) 06:32
画像_64asn7e5
中落ち丼、切り落とし身などに使われ、業務筋から人気の高いマグロ中骨。1枚から3~4人分が取れるという(豊洲市場)
21年08月17日(火) 06:14
画像_64aqq4hs
北海道産の秋サケフィーレ。出回りはじめたばかりで卸値はキロ1500円前後と高め(17日、豊洲市場)
21年08月13日(金) 05:54
画像_64amvseb
秋本番を前に早くも入荷が始まったはしりの生スジコ。卸値はキロ7000円前後。「これから粒が大きくなってくる」と卸や仲卸業者は期待(13日、豊洲市場)
21年08月12日(木) 05:57
画像_64am1c4q
美しい身色から「黄金のハモ」とも呼ばれる熊本・天草産の活締めハモ。身質や味の評価も最上級で、キロ8000円前後の高値が付くことも多い(12日、豊洲市場)
21年08月11日(水) 06:05
画像_64al309c
サクサクした食感が楽しめるワカサギの佃煮。中国産原料を使用。東京の業者が販売。卸値はキロ2400円。「酒のつまみにぴったり」と卸担当者(11日、豊洲市場)
21年08月10日(火) 06:19
画像_64ak4h3u
岩手県広田湾産のイシカゲ貝。仲卸の価格はキロ3500円ほど。同湾でしか養殖されておらず、「幻の貝」とも呼ばれる(10日、豊洲市場)