「時事水産情報」写真トピック

写真トピック

20年04月10日(金) 06:15
画像_5qkltmn9
新型コロナウイルスの感染防止のため、マスクを着用して競りに臨む卸の競り人。マスク姿の仲買人も増えた。密集を避けるため、マグロ同士の間隔や通行スペースを広げる工夫も見られた(10日、豊洲市場)
20年04月09日(木) 06:08
画像_5qkkv5fb
三重県産のバイ。卸値はキロ900円前後。おせち料理に使われることが多いという。「煮方を工夫すれば身が軟らかくなって絶品」と卸担当者(9日、豊洲市場)
20年04月07日(火) 06:41
画像_5qkj27hu
春から夏にかけて脂乗りが良くなるイサキ。高知県産の卸値はキロ1000円前後(7日、豊洲市場)
20年04月06日(月) 06:13
画像_5qki3k8u
「富山湾の宝石」と呼ばれる富山県産シロエビの生食用むき身。今月に漁が解禁。仲卸の価格は1パック(200グラム)3000円前後(6日、豊洲市場)
20年04月04日(土) 06:16
画像_5qkg6je2
春に産卵期を迎えるサヨリ。卸値は大型サイズでキロ4000円前後(4日、豊洲市場)
20年04月03日(金) 06:30
画像_5qkf846s
千葉県銚子産のメカジキ。はえ縄船が太平洋北部沖で漁獲。白色の身全体に脂が乗っており、刺し身だけでなく照り焼きやフライなどでも食べられている(3日、豊洲市場)
20年04月02日(木) 06:18
画像_5qke9iga
産地の青森県で「アブラメ」とも呼ばれるアイナメ。卸値はキロ1500円前後。1年を通して水揚げされ、特に春から夏に食べるのがお薦めという(2日、豊洲市場)
20年03月31日(火) 06:32
画像_5qiairu0
入荷が増えてきた鳥取県産のマイワシ。卸値はキロ400円前後(31日、豊洲市場)